お客様の声
第1回/米田さんご夫妻
家づくりも、賃貸経営も基本は人。大倉だからお願いしました。
他にもマンションやアパートの賃貸経営をされ、数々の不動産会社とお付き合いのある米田さんご夫妻。 豊富な経験をお持ちの、いわば賃貸経営のベテランが大倉を選んだ理由とは。

 
大倉さん以外の方からのお話は、全部お断りしていました。
ずっと昔に購入して遊ばせていた丹波篠山の住宅街の土地。米田さんご夫妻は、数々の不動産会社からオファーが あったにもかかわらず、なかなか首をタテに振りませんでした。ところが(株)大倉のライフプラン課のスタッフの 提案によりトントン拍子に話が進みました。理由は「人」だと米田さんご夫妻は言います。

「今回少々無理をすれば2戸建てにすることもできたのですが、大倉さんからあえて1戸建てにする提案をいただきました。 もちろん事前の調査も念入りに行った上での提案でした。大倉さんは2戸建ての方が儲かるはずです。しかしより良い条件で 賃貸経営ができるという、私たちの立場にたってプランを考えてくれたのです。その親身さが大倉さんらしい」とご主人は笑顔です。

「ザ グラン リゾートの担当の方もいい人ばかりだし。すべてにおいて大倉さんは親身だから、任せて安心しています。」とは奥様。

いい人が建てる家は、きっといい家になる。いい家ならきっといい人が入ってくれる。米田さんご夫妻はそう言って微笑まれました。

第1回/米田さんご夫妻
ふたりの生活に、ちょうどいいサイズの住まいです。
ペアコートは賃貸経営専用の建物ですか? いえいえ、決してそんなことはありません とおっしゃるのが坂元さんご夫妻。お二人が実践されている新しい活用方法とは、さっそくお話をお聞きしました。

 
自分たちの住まいとしても、ペアコートは価値がある…。
神戸市北区にお住まいの坂元さんご夫妻。お住まいは大正時代に建てられた、立派な大きな家でした。

ところが広いことはいいことばかりでもないようです。「昔の家だから段差は多いし、冬はすきま風が通り抜けたり。それに子供たちが独立してしまうと二人には広すぎて、掃除だけでも大仕事なんです」と奥様。

プリンセス有馬へ泊まりにいった時にペアコートのことを知ったそうです。「賃貸アパートを経営しているので、建物を見る目はあるつもりです。実は外観が気に入りましてね。これは人に貸すのはもったいない。広さも二人には十分だから、自分たちの住まいにどうかと大倉さんに相談したんです。」とご主人。

大倉も坂元さんご夫妻の相談を真摯に受け止めて、話しは順調に進みました。「部屋を3つにわけたり、2階にトイレがほしいといったり、けっこうわがままを言いましたが、さすがは大倉さん。どんな厳しい注文にも笑顔で応えてくれましたよ」とできあがったペアコートに満足のお二人。

「ふたりの生活にちょうどいいサイズの住まいですよ」と坂元さんご夫妻はそう言って微笑まれました。

ペアコート1邸あたり(専有面積 72.24㎡)840万円(税込み)~