選ばれる3つの理由
ペアコートが選ばれる3つの理由
  • 1.初期投下資金が少ない。
  • 2.戸建賃貸の希少性。
  • 3.インカム住宅、相続対策として。
賃貸マンション・ハイツなどの集合住宅に比べて『ペアコート』の建築費は、
1邸あたり840万円からと安価に抑えられます。
外構工事・水道の引き込み等のインフラ整備は必要ですが、
標準タイプ(2邸1セット)で総額2千万円以下の建築も可能です。

集合住宅形式の建築費と比べて、初期投下資金が少なくて済むのが特徴です。
既に賃貸経営をされている方は勿論、これから不動産収益事業を始めようか…と、
お考えの方にもお勧めいたします。

賃貸住宅市場の中で、戸建て賃貸の供給は全体のわずか3%しかもその大半が、築20年超の借家形式のため、賃貸専用の戸建賃貸はたいへん希少性があります。

また、賃貸住宅をお探しの方が『ペアコート』に出会えればどうでしょう?

1. 駐車場が専用で2台
2. 憧れの一戸建て暮らし。
3. 上下階の騒音問題も関係なし
4. ペットを飼うのもOK。

これで家賃が周辺の賃貸マンション等と大差なしならば・・・。
もう空室の心配はいりません。

現在お住まいの住居の老朽化による建て替え、あるいは二世帯住宅をお考えの方にも
『ペアコート』はお勧めです。

今、お住まいの敷地が60坪前後ならば、2邸1セットの標準タイプ『ペアコート』は
如何でしょうか。1邸にオーナー様がお住まいになり、もう1邸を賃貸にすれば家賃収入が
副収入となります。仮に融資を受けて建築しても、毎月の支払いには家賃収入を
充当することが可能です。今は二世帯住宅として建築し、将来どちらか1邸が
空家になった場合でも、それから賃貸住宅経営を始めることも可能です。
このようにインカム住宅としての利用ができるのも『ペアコート』の大きな特徴です。

『ペアコート』なら、建築時に土地を分筆するので、分割売却も可能です。
マンション等の共同住宅を建築した場合は、部分的な売却もできなければ、
将来の建て替え時の立ち退き費用や解体費もかなりの負担になります。
必要に応じて臨機応援に対応できる『ペアコート』だからこそ、
この先≪争続≫の心配はいりません。

ペアコート1邸あたり(専有面積 72.24㎡)840万円(税込み)~