構造
ペアコートの構造について
2×4(ツーバイフォー)工法とは
「ツーバイフォー」という名前は、使用する構造用製材として、
約2インチ×4インチの木材がもっとも多いことに由来します。
ツーバイフォー工法により阪神・淡路大震災時も倒壊しませんでした。
耐震性
在来工法との比較
在来工法では、「柱」や「梁」で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では 構造用製材で作った枠組みに構造用合板を張り付けた「パネル」で床・壁・屋根を 構成して建物を支えます。つまり、在来工法は「線」で、ツーバイフォー工法は 「面」で建物を支えているわけです。
強固なモノコック構造
ツーバイフォー工法は、床・壁・屋根で六面体が出来上がると、家全体が強固な モノコック構造(一体構造)となります。地震や台風などの力は建物全体で受け止め、 荷重を一点に集中させることなく全体に分散させるので、外力に対して抜群の強さを 発揮します。これが、「ツーバイフォーは地震に強い」と言われる理由です。
耐火性
ファイヤーストップ構造
ツーバイフォー住宅の場合、火の通り道となる床や壁の構造材などが、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断。火が燃え広がるのをくい止めます。ツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。
石こうボードでさらに耐火性アップ
ツーバイフォー工法ではすべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5ミリ以上の石こうボードが貼られます。万一火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が着火温度(約260℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

 
高品質

施工者の技量に左右されない高品質
ツーバイフォー工法は、構造材やクギのサイズ・使用方法・使用箇所から施工手順まで、きめ細かくマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な高品質と高性能を実現します。
さらに面構造を基本に床・壁・屋根の順に効率よく進行する作業工程によって、工期の短縮やコストの低減といった面でも、ツーバイフォー工法には大きなメリットがあります。

イベント情報
ツーバイフォー滋賀工場
滋賀県の琵琶湖の湖東に広がる31,000㎡の広大な敷地に、大倉のツーバイフォー滋賀工場はあります。

平成7年の開設より、ツーバイフォー住宅用のパネルを製造しています。

安心・安全を心がけ、高品質を維持する品質管理に徹底してきた結果、つねに厳しい基準を遵守している証としてJASの認定工場になっています。


ペアコート1邸あたり(専有面積 72.24㎡)840万円(税込み)~